DSC_3578-1.jpg

​木島康晃 (Yasuaki Kijima)

プロデューサー/動画クリエーター/ボイストレーナー/ボーカリスト/元アイドル

1976年小5(11歳)の時にちびっ子5人組ボーカルグループ「クリケッツ」のメンバーとしてキングレコードから「私のベイビーボーイ」でデビュー。

NHKみんなのうた「僕らは三つ子の男の子」など

シングル4枚、アルバム1枚リリース。

1977年小6(12歳)の時に郷ひろみ夏の全国縦断(北海道~九州)ツアーに参加、1部ミュージカルに出演。

その後、中学で変声期になり芸能界を引退し、中学・高校・大学と進む。大学卒業後サラリーマンに~3年が経つ頃、もう一度音楽をしたいと思いボイストレーニングを開始。1年後に決意しサラリーマンを辞め、本格的に音楽の世界にカンバック。

1992年~UMCボーカルスクール(インストラクター)

2001年~ユニゾン(プロモーター、インストラクター)

2006年フリーになりイベントプロデューサー、ボイストレーナーとして活動開始。

2007年シーピーシー(現:シーピーシーレコーズ)の音楽事業スタートにあたり「アーティスト事業部プロデューサー」として、アーティストマネージメント・イベントプロデュースなどスタッフとしてアーティストをサポート。

この時に所属していた荒牧陽子(ものまねシンガー)の現場スタッフとして活動をサポート。

2010年個人事務所 Ki-G Creationを設立。シーピーシーのスタッフを兼務。

2013年芸能プロダクション ヴァーガンディープロモーション設立に協力し代表に。

2015年ヴァーガンディープロモーションを退職。Ki-G Creationを本格的に再始動する。

現在、お酒大好き大人女子ユニット アルホリ(R★Holics)のプロデュース、イベントプロデュース、ラジオ番組・YouTube番組の企画制作の他に、アーティストマネージメントやサポートも行なっている。

​コロナ禍ではじめた動画クリエーターとしての仕事や、YouTubeなどでの生配信にも力を入れている。